サービス
SERVICE

リーダー研修
〔管理職候補者〕

お悩み・ご要望

管理職代行が務まるくらいの見識を持ってほしいが、自分の仕事に没頭しがちで、最悪の場合、他メンバーに対して方針批判めいたことを言ったりする
チームとしてもっと大きな仕事をしてほしいが、人との対立・葛藤を避けたり、人が動いてくれない壁にぶつかると説得・交渉するよりも自分で手足を動かしてしまっている
部下・後輩の指導育成にもっと積極的に取り組んでほしいが、部下・後輩への関心が薄かったり、指導育成にかかわったとしても自分のやり方を押し付け部下・後輩の発想が潰されている

アプローチ

現在の自社を取り巻く環境の変化、それに対する自分のリーダーシップの傾向を分析し問題点を明らかにする。そのうえで、権限を使わずに対人影響力を発揮して他者の行動・成果を変える「全方位型リーダーシップ」を強化し、リーダーとして一皮むける経験を積む

プログラムのポイント

リーダーシップ発揮の原則
簡易自己診断で現状のリーダーシップの傾向を振り返り、人を動かす際の原則と照らして、リーダーシップに対する問題点を明らかにする
全方位型リーダーシップ
自部署戦略に向け、全方位(私・対象者となる部下・他メンバー・上司など)へのリーダーシップ発揮戦略&計画を策定する
周囲を巻き込む
コミュニケーション
人を動かす影響力を高めるためのコミュニケーション(想い・解決策・実行計画)をロープレを通じて理解を深める

プログラムの基本的な流れ
(期間:半年~1年)

第1回
(2日)
  • 時代背景をふまえつつリーダーシップ発揮の原則を理解する(簡易診断で傾向把握)
  • 全方位型リーダーシップの基本心得、発揮戦略&計画の策定
  • 全方位型リーダーシップを発揮し周囲を巻き込むコミュニケーションの演習
リーダーを「支える人」の巻き込み & 組織環境(制度・仕組み)との連動
現場実践
第2回
(2日)
  • 現場実践を振り返り、全方位型リーダーシップの発揮状況を確認する(変化が起きているか?なぜ変化が起きたのか?どんな気づきがあったのか?)
  • リーダーシップ発揮戦略&実現計画の壁を乗り越えるためのアイデアを創造する(ディスカッション)
リーダーを「支える人」の巻き込み & 組織環境(制度・仕組み)との連動
現場実践
第3回
(1日)
  • リーダーシップ発揮戦略&実現計画に基づいて行動した結果の振り返りをプレゼンする
  • プレゼン終了後に事前に用意した上司からのコメントを受講者に発表
  • オブザーバー(幹部)からのコメントも踏まえ今後の成長課題を明らかにする
継続実践
プログラム全体の総括レビュー(主催者上司への報告と意見交換)

研修の活用方法

研修を実施するのであれば、どう位置づけると良いか?
~「現場の仕事=サーキット」「研修=ピットイン」と位置づける~
現場仕事 = サーキット

日々仕事でPDSサイクルを回す中に、学習の機会がある(仕事を通じて人は育つ)

「本人の努力」と「支える人の支援」と「職場環境(制度・仕組み)」の三位一体で学習効果を高める

研修 = ピットイン

日々の仕事を振り返り「思い込み」に気づき、思い込みを振り払い、新たな可能性を見つける

今のままでいいのか?
他の切り口はないか?
そういう考え方・やり方もありだな!

このように研修を位置づけ、仕掛けて、実施することで…
「現場の仕事と研修は別物である」「研修で学んだことが仕事に役立たない」
といったことにならず、効果を上げることができる。
PAGE TOP