サービス
SERVICE

チェンジリーダーシップ・プログラム
〔リーダー・中堅社員〕

お悩み・ご要望

社内のコミュニケーションが不活性で、組織に「モヤモヤ感」や「ズレ感」が鬱積している
新しいことに挑戦する「生きのいい」人材が出てきてほしいが出てこない
組織活性化策に取り組んではいるが不十分。現状を打開する次の一手をどうしようか?
研修を行ってはいるが、受講者個人のスキルアップ・意識改革に止まっていて、組織の活性化につながっていない気がする
大がかりな組織開発に取り組むのは敷居が高い(費用、社内コンセンサス)。もう少し手軽に取り組めるプログラムがあると良いのだが・・・

アプローチ

現場のキーマン(チェンジリーダー)に、人と人との関係性╱人と組織との関係性に変化を起こす考え方とやり方を、現場実践と振り返りを通じて身に付けてもらう。プログラム終了後も、その学びを周囲に波及させ、風土改革と(戦略方向の)経営成果につなげていけるようにする

プログラムのポイント

非経験にチャレンジする
行動力
「自分が“やってみたい”こと」×「チャレンジを楽しむ心」×「組織の方向性」=チャレンジ課題。否定的な思い込みをリセットして、自分を励ますパワーフレーズを発見
深い洞察力
組織内外の目に見えるものを手掛かりに、その奥(背後)にある「目に見えないもの(因果関係、このままいくと・・・)」を推測する
周囲を巻き込む
コミュニケーション
上下左右の人間関係の中で、 権限を使わずに対人影響力を発揮して、行動・成果を変える⇒全方位型リーダーシップ(共感ベースの対話プロセス)

プログラムの基本的な流れ
(期間:半年~1年)

第1回
(2日)
  • 時代背景をふまえつつリーダーに求められる「3つの要諦」を理解する
  • 価値観掘り下げワーク、チャレンジ課題設定、リーダーシップ発揮シナリオ策定
  • 全方位型リーダーシップを発揮し、周囲を巻き込むコミュニケーションの演習
チェンジリーダーを「支える人」の巻き込み & 組織環境(制度・仕組み)との連動
現場実践
第2回
(1日)
  • 現場実践を振り返り、リーダーシップ発揮情況を確認する(動き出してみてどうか?自分と周囲に変化は感じられるか?)
  • 「チャレンジ課題」「リーダーシップ発揮シナリオ」の実現を阻害する問題を解決する

チェンジリーダーを「支える人」の巻き込み & 組織環境(制度・仕組み)との連動
現場実践
第3回
(1日)
  • プログラム実践期間を振り返り、「リーダー自身と職場にどのような変化があったか」「リーダーとして“一皮むけた感”を持てたか」を整理し共有する
  • 「今後も新たなチャレンジを続けていこう」と気持ちを新たにする
継続実践
プログラム全体の総括レビュー(主催者上司への報告と意見交換)

研修の活用方法

研修を実施するのであれば、どう位置づけると良いか?
~「現場の仕事=サーキット」「研修=ピットイン」と位置づける~
現場仕事 = サーキット

日々仕事でPDSサイクルを回す中に、学習の機会がある(仕事を通じて人は育つ)

「本人の努力」と「支える人の支援」と「職場環境(制度・仕組み)」の三位一体で学習効果を高める

研修 = ピットイン

日々の仕事を振り返り「思い込み」に気づき、思い込みを振り払い、新たな可能性を見つける

今のままでいいのか?
他の切り口はないか?
そういう考え方・やり方もありだな!

このように研修を位置づけ、仕掛けて、実施することで…
「現場の仕事と研修は別物である」「研修で学んだことが仕事に役立たない」
といったことにならず、効果を上げることができる。
PAGE TOP